まいるど日記まったり報告


by urakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

君に読む物語


こないだのお休みに(土曜だったかな)たまたまCATVで「君に読む物語」が
やってて、前からちょっと気になってたのでなーだんさんと観てみました。

エンディングロールに入ったところでジンワリ心にクル映画でした。

二人で観て良かったなぁって思いました。

~ストーリー~
とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。
老いこそ迎えているが、美しさを失っていない彼女は、
情熱に溢れた若い時代の思い出をすべて失ってしまっている。

そんな彼女に患者仲間のひとりの男が、物語を読み聞かせている。
1940年代のアメリカ南部の小さな町で恋に落ちた若い男女が、
途中13年間連絡不通になりながらもまためぐり合い、
その後、80年に渡り人生を共に歩む。

著者、ニコラス・スパークスの妻の
祖父母の実話に基づいた作品。

一言追加■

小さなお子様、お年頃の御子息ご令嬢と一緒に観るのは
オススメできません(笑)







妻が記した「物語」

サインと共につづられた「読めば私はあなたのそばへ」との言葉

過去を失って 今という時間の中 漫然と生きる妻の中に
自分を知る妻が「戻ってくる」のを信じて
ほんの束の間 彼女が「戻ってくる」その時の為に
何度も何度も彼は「物語」を読み聞かせる


やがて訪れる死。

単純に封建からの開放ではなくって
妻の母親は今の自分自身のアイデンティティーを娘に崩して欲しくなかったという発見
本当に自由になるという事はどういう事なのか

こんな風に死の間際まで愛し合っていられたらどんなに良いだろうと思える映画でした。
[PR]
by urakko | 2006-12-04 19:23 | Cinema